交通事故の解決に弁護士へ相談するタイミングですが、できるだけ早い段階から間に入ってもらうことがベストなタイミングと言えます。最終的には示談交渉に入る訳ですが、保険会社との示談は一筋縄ではいかず、解決に時間がかかってしまう可能性があります。最初からフォローに入ってもらうことで、後々の交渉がスムーズにいくように段取りを考えてもらうことができますので、交通事故にあった直後から、安心して任せることができる弁護士を探すことをお勧めします。あるいは、日頃から弁護士紹介サイト等をチェックしておいて、交通事故解決に強い弁護士について検索しておくと良いでしょう。そのような事前の備えが、突然の交通事故の際に役立つことがあります。

保険会社は一般的に、任意保険の基準で示談金を提示してきますので、被害者の立場からすると、納得する額ではない可能性が高く、交渉能力が必要となります。保険会社の言い値で丸め込まれない為にも、弁護士に任せることが最適な方法になります。または、過失割合の提示額に納得がいかない、後遺障害認定についての相談等、交通事故には限りない不安や問題点が出てきます。その一つ一つに対応してもらう為にも、弁護士に依頼することを検討されると良いでしょう。

[関連HP]弁護士法人アディーレ:交通事故相談

交通事故を解決する一連の流れですが、症状の固定から最後の問題解決(示談や裁判)に至るまで、おおよそ半年程度かかるのが一般的とされています。もちろん、怪我による後遺障害の認定や、示談交渉、裁判等の影響で長引くことも十分考えられますし、逆に交渉がスムーズに行われ、半年もかからず3~4ヶ月で解決するケースもあります。

ここで慰謝料についての注意点ですが、物損事故の場合、慰謝料請求はできませんので覚えておいてください。また、必ず事故発生後、すぐに警察に連絡をして、人身事故として届け出を出し、実況見分をしてもらうようにしましょう。事故直後には、驚きと興奮、不安等で痛みに気づかないことがありますが、脳内出血やむちうちのように自覚症状が出なくても体内に大きな損傷を受けている可能性がありますので、自覚症状の有無にかかわらず、まずその足で病院へ行き、医師の診察を受けてください。特に頭を打った場合には要注意です。その治療には、必ず健康保険を使うこともポイントです。その後、治療に通い、症状固定、よりひどい場合には後遺障害の認定を受け、損害賠償の請求の流れになります。事故の後、ご自身でこの一連の流れをするには無理があります。示談交渉を念頭に入れ、事故直後から弁護士に相談されることをお勧めします。

日本全国、残念ながら、毎日どこかで交通事故が発生しています。まさか自分が、という感覚に襲われると同時に、どうしたら良いのか慌てふためいてしまう方がほとんどであり、また、怪我をされた場合等、後遺症等も関わってきますので、不安の大きさは測りかねません。いつどこで災難が降りかかるかわかりませんので、交通事故に遭った場合の問題解決について、ある程度の認識を持っておくことをお勧めします。

交通事故に遭われた被害者の方は、保険会社からの適切な損害賠償金を受け取る権利があることを覚えておきましょう。ただし、適切な額を受け取る為には、事故直後からの正しい対応が重要なポイントになります。まずは、交通事故に遭遇した際、規模の大小にかかわらず、必ず警察に連絡をするようにしましょう。時に加害者が警察に言わずに示談交渉をできないかと持ちかけてくるケースがありますが、後日保険会社から賠償金を受け取るにあたり、必ず「交通事故証明書」が必要になります。この書類は警察に連絡することで発行されますので、そのような示談交渉には決して応じないでください。また、警察に着てもらうことで、実況見分が行われ、記録が残ります。その記録は後に重要な証拠として採用することができます。

その後、事故現場にて加害者の特定や、事故状況の記録を行います。その後保険会社への連絡、事故にあってその足で病院へ行って診察を受けます。事故現場にて何を行うかを把握することが肝心です。より詳しい交通事故の解決方法を見てみましょう。