弁護士を活用しよう

未分類

交通事故の解決に弁護士へ相談するタイミングですが、できるだけ早い段階から間に入ってもらうことがベストなタイミングと言えます。最終的には示談交渉に入る訳ですが、保険会社との示談は一筋縄ではいかず、解決に時間がかかってしまう可能性があります。最初からフォローに入ってもらうことで、後々の交渉がスムーズにいくように段取りを考えてもらうことができますので、交通事故にあった直後から、安心して任せることができる弁護士を探すことをお勧めします。あるいは、日頃から弁護士紹介サイト等をチェックしておいて、交通事故解決に強い弁護士について検索しておくと良いでしょう。そのような事前の備えが、突然の交通事故の際に役立つことがあります。

保険会社は一般的に、任意保険の基準で示談金を提示してきますので、被害者の立場からすると、納得する額ではない可能性が高く、交渉能力が必要となります。保険会社の言い値で丸め込まれない為にも、弁護士に任せることが最適な方法になります。または、過失割合の提示額に納得がいかない、後遺障害認定についての相談等、交通事故には限りない不安や問題点が出てきます。その一つ一つに対応してもらう為にも、弁護士に依頼することを検討されると良いでしょう。

[関連HP]弁護士法人アディーレ:交通事故相談

Pocket